離煙パイプと他のグッズとの比較

離煙パイプを他の禁煙グッズと比較すると、大きな違いがあることが分かります。例えば、同じパイプ型のグッズとして有害物質等が含まれないタイプがありますが、これは香料入りのパイプをタバコの代わりに吸って口寂しさを紛らわせるのが主な目的です。安全で妊娠中でも使用できますが、根本的なニコチン依存は解消できません。それに対し、離煙パイプなら31段階のパイプを毎日つけかえることで徐々にニコチンの摂取量を減らせますので、着実にニコチン依存を解消できます。

最近では電子タバコも禁煙方法として人気があります。煙ではなく蒸気を吸引するものであり、タバコそっくりのデザインで心理的依存の解消に優れた効果を発揮しますが、カートリッジにはニコチンが含まれるものもあるため注意が必要です。離煙パイプの場合には、優れた仕組みによってタバコを欲することが無くなりますので、我慢をしているわけではありません。代替手段として利用するものではなく、タバコを吸いたいと思わなくなるような身体的状況を作れるグッズと言えます。

少量のニコチンを体内に取り入れるという目的では、ガムやニコチンパッチもよく利用されています。これらは一定の量まで下がると、それ以上の低濃度に慣らすのがとても困難です。いきなり摂取量をセーブするのは心理的な面から身体的に考えても良くありませんので、離煙パイプのように徐々に減らしていけるのが理想です。止めた後でも不安があれば、離煙パイプの31番のパイプを用意しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です