離煙パイプを自分なりに工夫して禁煙を成功させる

禁煙を成功させるために病院を利用したり、禁煙グッズを使用したりと工夫する人は多くいます。ただし長年吸い続けていることでニコチン中毒になっていることで、身体が自然とニコチンを求めてしまい禁煙の成功に至らないという人もいます。よりストレスなく禁煙を進める方法の1つとして、離煙パイプを活用した方法が有効的です。離煙パイプの特徴としてタバコを吸う事自体を止めるのではなく、タバコから摂取するニコチンの量を減らしていくのが仕組みとなります。

1番から31番までの番号が振られたパイプがあり、小さい数字のパイプをタバコに装着して使用していく方法です。パイプがニコチンの摂取量を制限してくれるので、普段と変わらないタバコを吸いながらニコチンを抑える事が出来ます。本来であれば1日毎にパイプの数字を増やしていきニコチンの摂取量を徐々に減らしていきますが、ニコチン摂取量の制限に身体が慣れるのに個人差があります。1日毎に大きな数字のパイプに変えるのではなく、数日同じパイプを使用して摂取量の制限に慣れていくという方法も有効的です。

少しずつですがニコチンを摂取する量は抑えられるので、徐々にニコチン中毒から抜ける事が出来ます。離煙パイプは自分の体調なども踏まえて、上手に工夫しながら利用するのがポイントの1つです。1番は1日だけ使用して2番は3日使用してと、タバコを吸う際の違和感を感じなければ数字を増やすなど自分なりの利用方法が大切といえます。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です