大阪で人気の最新多汗症治療

日常生活に支障があるほどの大量の汗をかいている場合には、多汗症の疑いがあります。多汗症とは、手のひらや足の裏、わき、頭、顔などに大量の汗をかく症状のことをいい、日本人の7人に1人が症状を自覚しているといわれていますが、その中で医療機関を受診している人は、非常に少なく、単なる汗っかきとして認識し、病気だと思っていない人が多いというのも、理由となっています。こうした多汗症は、放っておくと汗の量がますます増えてしまうことがあり、症状がひどくなると、人前にでるのが恥ずかしくなり、対人恐怖症やうつ病を引き起こす可能性もあります。このように症状がひどくなってしまう前に、適切な治療を受けることが大切です。

多汗症治療は、主に皮膚科で行っていますが、最近では、多汗症専門外来をもうける病院も増えてきています。大阪で行っている多汗症治療には、塩化アルミニウムの塗り薬を使用した治療、電流を流した水道水による電気治療、ボツリヌス菌の毒素の注射、交感神経を切除する手術の4つの方法があります。これらの多汗症治療は、皮膚科や形成外科などで行われてますが、どこのクリニックでも行っているとは限りませんから、事前に問い合わせておくとよいでしょう。特に、大阪では、交感神経を切除する手術が人気があり、多汗症を完治させることができます。

また、再発率も1~5パーセントと非常に低く、手のひらの多汗症には、保険が適用されるため、特に大阪では人気の治療法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です