離煙パイプで禁煙できるメカニズム

禁煙をしたいけれど、煙草を一切我慢しようというのはストレスになり、どうしてもうまく行かないというのが喫煙者にとっての課題となります。そんな問題を解決し、ストレスなく禁煙を実現するためのアイテム。それが離煙パイプとなります。では、この離煙パイプとは具体的にどんなもので、どんなメカニズムによって禁煙を可能にするのでしょうか。

具体的にはこの離煙パイプで禁煙を完了させるのには、一ヶ月がかかるのが想定されています。合計で三十一本のパイプがあり、そこには一から三十一までの番号が振られています。使用者はその数字の順に一日一本ずつパイプを口にし、煙草とく同じニコチン摂取をしてく形になります。パイプにはそれぞれミクロサイズの穴が空いており、その穴から空気が出入りすることで、通常の煙草よりも主流煙を体内に取り入れる量が減ることになります。

番号が大きくなるほどパイプに空けられた穴も大きくなり、一回に摂取するニコチン量がどんどん少なくなっていくようにできています。そうやって毎日少しずつ『一回で取り入れるニコチンの量』を減らしていくことで、ニコチンに依存する体質を改善していこうというのが離煙パイプの主なメカニズムとなります。このような形で、実際に煙草を吸っているような満足感を出しつつも、少しずつニコチンを吸わない状況に体を慣らしていきます。一気にニコチン摂取をゼロにするような無理はしなくてもいいので、一ヶ月分のパイプを吸い切る頃には無理なく依存症から脱却できるというのが離煙パイプの特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です