禁煙の最後の手段となり得る離煙パイプ

禁煙はとても辛いものですので、強い意志だけで乗り切ろうとする人たちはかなり高く確率で挫折しています。長年タバコを愛用していると、気づかないうちにニコチンへの依存度が高くなって、少しペースを落とすだけでもイライラしたり集中力が無くなって日常生活にまで支障をきたすことがあります。失敗してしまうのが我慢をしなければならないことが多いためであり、我慢をする必要のない方法ならストレスなく実践することが可能です。それを実現できるのが離煙パイプであり、成功率がとても高いのが大きな特徴です。

約9割もの人たちが禁煙を成功させている離煙パイプには、優れた仕組みがあります。普通はタバコを我慢すると体内のニコチン濃度が下がって離脱症状に見舞われますが、少しずつ段階的に減らしていけますので、離脱症状が起こりません。具体的には、31個のパイプのニコチンカット率が段階的に高くなっていき、初日は3%から始まっても31日目になると95%がカットされます。前日との差が3%なら気付かないうちに慣れてしまいますし、最後まで終えるとほとんどがカットされている状態なのでタバコを吸いたい欲求も無くなっています。

離煙パイプなら、これまで様々な方法を取り入れて失敗してきた人達でも、今度こそ成功させられる可能性大です。ルールを守って使用すればほとんどの人が禁煙できますので、毎日その日に対応したパイプを使い、吸う時には必ずセットすることを徹底しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です