今までの禁煙とは違う離煙パイプ

禁煙には無理やりやめる、パッチなどを利用するなどの方法があります。どの方法も強い意志がないと禁煙を成功させるのは難しく、何度も挫折することも多いです。このような人が多いことから近年導入されつつあるのが離煙パイプになります。離煙パイプは薬剤やフィルターなどはなく、1本1本のパイプに開けられた穴によってニコチン量を調整していくことができます。

そのため知らない間にタバコを吸うことをやめることができ、成功率は80%を超えます。中国やアメリカでも導入されており、世界中で支持されている方法でもあります。離煙パイプは31本のパイプは一つのセットとなり、数字の順番にタバコにセットして使用します。タバコは特別なものを用意する必要はなく、いつも吸っているものに装着するようになります。

いつも通りに吸いますが、1日目は1番、2日目は2番というように順番に吸うことがポイントです。また1日に吸ってよい本数も制限がありません。1日に3%ずつニコチン減少させることができ、味の変化を感じることもないためストレスになりにくい特徴があります。ストレスフリーな方法であり、意識することなくニコチンの摂取量を減少させるので、ニコチン依存から早期に脱却することが可能です。

いつものタバコにパイプを装着するのみでよく、さらに使い捨てではないため2ターン目も使うことができます。徐々に煙から遠ざける方法であり、楽しく禁煙できる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です