医療機関でも導入される離煙パイプ

医療機関で導入されている禁煙グッズとしてパッチがとても有名ですが、最近では離煙パイプが導入されるケースも増えています。注目したいのは成功率であり、約9割の人が禁煙に成功していますので、これまでにいくつかの方法を試してきて上手くいかなかった場合でも、今度こそ離煙パイプで禁煙できる可能性があります。導入する前に、まずは詳しい仕組みや、なぜ効果があるのかをしっかりと調べる必要がありますので、公式サイトをチェックしたり口コミサイトから情報を入手することが大切です。離煙パイプで成功する人が多いのは、ニコチンの離脱症状に悩まされることがないからです。

タバコを止める時には体内のニコチン濃度が下がって離脱症状に悩まされるのですが、離煙パイプの場合には1日あたりのカット率が3%ですので違和感を感じません。1日3%でも31日間続ければ最終的にはほとんどのニコチンがカットされている状態であり、自然とタバコを止められる体作りができています。使い方はとても簡単で、普段吸っているタバコにパイプをセットするだけでOKです。他には何もいりませんし、充電も必要ありません。

順番は必ず守ることと、一度始めたらタバコを吸う時にはしっかりとセットすることを実践できれば、自然と結果はついてきます。1つのパイプは1日を通して使用しますので、捨ててはいけません。製品の質も高くて考え抜かれた設計になっている点も評価されるポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です