離煙パイプで禁煙が可能な理由やメリットについて

タバコの健康被害について、かつては税金を課して徴税メリットがあったため、健康には害があると知りつつ禁止されて来なかったため喫煙場所には困りませんでした。だけど2021年現在では、タバコの喫煙による肺がんリスクや、非喫煙者の受動喫煙リスクから、税収よりもその健康被害による健康保険の圧迫の方が見過ごせなくなり、喫煙できる場所が減って行きました。さらにタバコ価格の高騰も重なって、禁煙を試みようとする人は増加しています。だけどタバコには依存性や中毒性があって、中々自分一人でやめる事が難しく、何度も禁煙に挑戦して失敗を繰り返す人も多くいました。

そんな止めたくても止められない人向けの製品として開発されたのが、離煙パイプです。離煙パイプは、禁煙グッツの一種で、ニコチンの摂取量を減らす31段階ある口に咥える形状の製品です。離煙パイプの使い方は簡単で、通常のタバコを喫煙する時にくっつけるだけで、吸った時のニコチン量を減らせます。ニコチンの減少率を一気に減らしてしまうと、物足りなくてタバコをもっと吸いたくなるので、31段階のパイプで数パーセントずつ徐々に減らして行って、最終的にニコチン依存から抜け出す事を目的としています。

離煙パイプのメリットは、徐々に時間をかけて慣らしていく事で、ニコチン欠乏による離脱症状を抑えられることです。そのため最後の段階になるとほとんどのニコチンがカットされているので、完全に禁煙してもまた吸いたくなくなって労せずタバコを止める事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です