世界中で利用されている離煙パイプとは

離煙パイプは全世界で53万セット以上が販売されておりアメリカやヨーロッパ、中国などではベストセラーとなっています。いつも通りにタバコを吸いながら自然と禁煙ができるだけでなく、日本製で危険な薬剤などは一切使われていないので安心です。一般的な禁煙方法ではタバコの本数を減らしますが、離煙パイプでは本数を減らす必要がありません。急にタバコを減らしたときに起きるイライラや集中力低下などの離脱症状が起きることはなく、ストレスフリーな禁煙方法として病院の禁煙外来でも紹介されています。

離煙パイプは89.3%という高い成功率を誇る禁煙グッズで、これまでに全世界で47万人もの人々が禁煙を成功させました。ニコチンには依存性があるため、急にタバコを止めようとすると離脱症状が起きたり強いストレスを感じます。このパイプは1番から31番までの番号が振られていて、毎日取り替えながら使用します。1日に3%ずつニコチンの量を減らし、31日目には95%を減らせるようになっています。

タバコの本数を減らす必要はなく、喫煙する際にこのパイプを使うだけで自然とニコチンの量を減らすことができます。離煙パイプを31日間にわたって使い続けると、0.1mgのニコチンを含むタバコの場合には最終的には0.005mgまで減らせます。95%というほぼ完全な禁煙状態になるため、タバコを止めても離脱症状が起きたりストレスを感じることはありません。無理なく自然に禁煙ができるので、世界中で多くの人々が離煙パイプを利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です