分煙機を上手に利用するには

分煙を効果的に行うためには、単に分煙機を設置するだけではなく、煙がどの様に移動するのかを出来るだけ正確に把握して、この煙の流れを効果的に制御することが大切になります。この煙の流れを考慮せずに単に分煙機を取り付けてもなかなか効果が上がらないばかりでなく、場合によっては煙をまき散らしてしまう結果になることも有ります。煙草の煙は基本的に空気よりも軽いことから上に上る性質が有ります。その為、基本的にはエアカーテンであっても物理的な遮蔽であっても上部を完全に密閉することが重要です。

その為、分煙機を設置する際には、上部を完全に遮蔽して空気を上から逃がさないようにし、その内部で空気を循環させることが大きな効果を生むことになります。また、分煙機の構造をしっかりと把握して、その構造に見合った分煙方法を採用する必要があります。例えば上部から煙を吸い込みろ過して下部から廃棄するタイプでは分煙機を中心とした非常に狭い範囲で空気の循環が発生するため、出来るだけ空間を狭くしないと空気の浄化の効率が落ちてしまうものです。その為、広い部屋に於いては空気の循環が行われない部分が出来てしまうためその部分に煙が集まってしまい分煙の効果が上がらないことになります。

煙草の煙による健康被害は科学的にも立証されており、特に煙草を吸わない人が受ける副流煙の有害性は大きな問題になっているため、分煙は現代社会に於いては大きな問題になっています。その為、その場所に応じた効果的な分煙を行うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です