分煙機の購入とレンタルはどちらがお得か

会社の中で喫煙所を設置する場合やすでに喫煙所があり分煙機をまだ取り付けていない場合には分煙機を取り付けることが必要になります。この分煙機について知識がある人は少ないですが、会社としてもできるだけ安い経費にしたいと考えるでしょう。なぜなら、喫煙所を設けても会社の売り上げが上がる訳ではないからです。できるだけ安い経費で分煙機をつける場合には購入とレンタルがありますがどちらの方が優れているでしょうか。

まず、購入する場合には機械の種類によって価格が変わってきますが、一般的には20万円ぐらいのものが効果があります。購入のメリットは購入さえすれば毎月レンタル料がかからない点です。これにより毎月の負担がなくなります。また、長期的に利用するのであればレンタル料金より安くなることも考えられます。

これに対してデメリットは故障した場合にはお金がかかってしまう点です。また、点検等も自分たちでしなければならないため、機械に詳しい人がいない場合には業者に点検をお願いすることになります。一方、レンタルのメリットは点検や修理費などが無料になる点です。修理費については故障箇所によって有償になることもありますが、基本的にはお金はかかりません。

また、短期間の利用であればレンタルの方がお得です。レンタル代は8千円から9千円になりますので2,3年のレンタルであればレンタルの方が購入よりも安くなるのです。デメリットは長期間利用してもやがて返却しなければならないことや、長期利用の場合にはレンタルの方が高くなってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です