分煙機による空気の浄化作用について

分煙機と言うと、喫煙席と禁煙席が設けられている飲食店や喫茶店などのお店の中で利用されている空気清浄機と言ったイメージを持つ人もいますが、店内が全面禁煙になっている場合などでも喫煙所での喫煙が可能な場合、喫煙所内などにも分煙機は設置されています。また、オフィスビルの中にも喫煙所が設けられているケースが多いのですが、これはオフィス内が全面禁煙になっているからで、ビルの中央などに場所に喫煙所が設けられているケースが多く在り、ビルの中央部分などの場合は窓が無いため換気扇等の設備を取り付けられないなどの理由からも分煙機が設置されているケースが多く在ります。しかし、換気扇が設置出来れば良いと言う事ではなく、煙草の煙に含まれているニコチンやタールは換気扇を使って外に排出させるだけでは喫煙所内で喫煙を行う人々の健康にも悪影響を及ぼしたり、喫煙所内の壁や家具などにはタールなどが付着してしまったり、臭いが残るなどのデメリットがあります。分煙機は空気を浄化してくれる装置になるのですが、内部に特殊なフィルターが取り付けられており、煙草の煙に含まれているニコチンやタールをフィルターが除去して空気を浄化してくれる効果を期待出来るため、タールなどにより壁が茶色になってしまったり、煙草の嫌な臭いが残ると言ったことを低減させる効果を期待する事が出来ます。

尚、分煙機にはカウンター式や壁に設置するタイプ、天井などに取り付けるタイプなど様々な種類が用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です