健康被害を防止する事が出来る分煙機

煙草の煙は有害な物質が含まれており、非喫煙者がそれを吸い込む事で健康被害を受けることになると言います。喫煙者が吐き出す煙の事を副流煙と呼び、副流煙を非喫煙者が吸い込む事を受動喫煙と言い、受動喫煙は煙草を吸わない人でも喫煙者と同じく肺ガンなどのリスクを生じさせると言われています。受動喫煙は社会問題に発展しているため、大半の施設では全面禁煙になっており、非喫煙者が喫煙者の吐き出す煙を吸わない工夫が行われています。また、喫煙所を設けることで喫煙者と非喫煙者を分離させることが出来る工夫も取り入れられているわけですが、受動喫煙は非喫煙者だけではなく、喫煙をしている人にも同じようなリスクを生じさせてしまう事になります。

喫煙所に入ると、そこには分煙機が設置されており、喫煙所室内に煙が充満しないような工夫が行われています。分煙機は、喫煙者が吐き出した煙、灰皿に置いてある時に立ち上る煙を吸引して、クリーンな空気を放出する効果を持つ設備であり、喫煙所の中を常に快適な状態にしてくれるのが分煙機の役割の一つでもあります。喫煙所には一度に多くの人々が入り煙草を楽しむ事になりますが、密室になっていることからも受動喫煙のリスクも生じる事になります。他の人が吐き出した煙を吸い込む事が受動喫煙になるため、喫煙所でもこのような状態になる可能性が高いわけです。

そのため、分煙機を喫煙所内に取り付けておくことで受動喫煙のリスクを引き下げられるなどのメリットも在ると言う事です。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です