分煙機で副流煙対策を

昨今の健康志向で喫煙者の肩身は狭くなり、タバコを吸える場所は少なくなってきています。昔であれば禁煙者がいる事務所などでも平然と吸っていたり、家の中でも吸っていたりした人は少なくありません。しかし現在は外の喫煙スペースに行って擦ったり、分煙室で吸ったりすることが当たり前になってきています。そこで必要になってくるものが分煙機になります。

喫煙スペースで吸うにしろ分煙室で吸うにしろ、風が吹いたり人が動いたりすると風の流れが発生するため何の対処もしていない場合は、禁煙者の居る場所に副流煙が流れていくことになります。分煙機は空気を吸い込みその時に副流煙も一緒に吸い込むことになり、フィルターなどによりタバコの匂いと煙を脱臭し分解することできれいな空気にして送り出しています。そのため使用人数が大勢いる場所では大きさもそれなりの大きさとなり、使用人数がそこまでいない場合はある程度までは小型化することができます。オフィスやビルなどで使用されている分煙機はテーブル型やカウンター型、天井カセット型などがあり分煙室に設置して副流煙が分煙室からもれないようにしている会社も多いです。

家庭では換気扇の下で吸ったりベランダで吸ったりする人も多いですが、それだけでは空気の流れが変わっただけで室内に煙が入ったり近隣の家に流れていったりします。そのような時にトラブルにならないためにも、家庭でも分煙機を購入して使用している人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です