分煙機は様々な場所に設置されている

分煙機はオフィスや店舗などに設置され、タバコの煙が拡散するのを防ぎ空気をクリーンな状態に保ちます。タバコの煙の中には主流煙と副流煙の2種類があります。副流煙は喫煙者の周りにいる人が吸うことになる煙ですが、一時的にフィルターを通る主流煙と比べると、有害な物質が多く含まれているので肺がんになるリスクが高まります。最近では受動喫煙者の健康を守るために、分煙機が様々な施設で設置され、様々な商品が販売されています。

集塵機能が強化されたものや、脱臭効果の高いもの、人感センサーを搭載しているものなどがあります。分煙機の中には、タバコを吸い込んで浄化するタイプや、目に見えない間仕切りを形成するエアカーテンタイプがあります。煙を吸い込むタイプは、活性炭フィルターやグラスファイバーフィルターなどメーカーが独自に開発した複数の層を空気が通過することで浄化されます。使ううちにフィルターが目詰まりを起こすため、浄化機能を維持させるために定期的にフィルターを交換します。

エアカーテンタイプでは、喫煙席で浄化された空気を禁煙席に流し、喫煙者の汚れた空気は外に排出する働きがあります。以前は大型の分煙機しかありませんでしたが、現在は小型も販売されています。よって狭い空間にタバコの煙が充満する喫煙室に設置することができます。オフィスの喫煙室に用意すれば、外に吸いに行くストレスがなくなり、社員同士の交流の場としても活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です