分煙機で人々の健康を守る

オフィスや店舗など、多くの人が出入りをする場所では、喫煙者は少なからずいます。喫煙は体には害悪ではありますが、喫煙の習慣を持つ人にとって禁煙は容易なことではありません。それゆえに、全面禁煙という処置をするのなければ、喫煙者が自由に喫煙できる環境を確保しなければいけません。そうなれば、喫煙者がどこで喫煙できるのか、ということと非喫煙者の健康をどうやって守るのか、ということを両立させる「分煙」が必要です。

そこで用いられる道具が分煙機です。分煙機というのは、空気清浄機のように部屋の空気を吸って、大気中に漂う煙草の煙を全て集めフィルターで濾す機械です。通常の空気清浄機よりも強力で、粘り気のある煙草のヤニも取り除くことが出来ます。喫煙所に設置しておけば、喫煙所の外にいる非喫煙者に対して迷惑がかかることがありませんし、喫煙者も副流煙が充満する部屋で吸わなくても良くなります。

さて、煙を煙を除去するという仕組みですから、使っていればだんだん汚れていきます。メンテナンスをせずに使用を続ければ、機械部分の劣化をまねきますし、フィルターも汚れて除去も十分に出来なくなります。その手間を考えると、分煙機を購入するのではなく、レンタル業者に借り入れれば、費用を抑えることができますし、メねナンスもやってくれるので、フィルターの交換や本体のメンテナンスを定期的に行ってくれます。万が一故障した時でも、新しい分煙機にすみやかに交換してくれますから、修理待ちのストレスもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です