場所に合せた分煙機の活用について

不特定多数の多くの人が利用する場所において、喫煙場所を設けることで、喫煙場所と非喫煙場所を分割することを分煙と言います。煙草の煙や臭いは、非喫煙者にとっては非常に不快なものです。加えて受動喫煙の害が一般に広く知られるようになり、受動喫煙を防止するための健康増進法が施行されたことも手伝って、現在では公共の場所では禁煙が社会的な風潮とされています。しかし建物の中では煙草が一切吸えないとなると、今度は喫煙者が窮屈な思いをすることになります。

非喫煙者が綺麗な空気を享受することと、喫煙者が喫煙できること、この双方の利益を摩擦なく満たし、お互いにとって居心地のいい空間を作ることが、分煙という考え方の目的になります。分煙のためによく使われるのが分煙機です。分煙機は、煙草の粉じんを除去し、煙や臭いを非喫煙場所にまで流さないようにします。使う場所に合わせてカウンター型、テーブル型、床設置型、タワー型などの様々なタイプがあります。

中にはパーテーションと一体型になっているタイプもあります。スペースなどの関係で完全な喫煙室を作るのが困難な場合などに、簡単に利用することができます。分煙機の他に使われるのが換気装置です。煙草の煙に含まれる一酸化炭素などのガス成分は、分煙機では除去できない為、この換気装置でそれらを屋外に排気します。

これらの装置を十分に活用するためには、フィルター交換などまめなメンテナンスが不可欠です。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です