ねずみ, 生活/暮らし, 駆除

こうもり駆除はこうもりが活発になる前に行う

日本に生息するこうもりのほとんどは「いえこうもり」と呼ばれる種類で、その名の通り、人間の家屋に住み着くものも多いです。本来は、森や岩壁などの窪んだ洞窟状になっている暗がりに住んでいましたが、エサを求めて人里に下りてきて家屋に住み着くようになりました。こうもりにとっては、適度に雨風をしのげ、天敵も少ない状況のため、快適な環境と言えるのでしょう。いrこうもりは、体長が約4~6cm程度と小さく、約2cm程度の隙間があれば、家屋内に潜り込むことができると言われています。

また、体重も約4~6gと非常に軽く、鋭い爪を用いて大概のものにぶら下がることもできます。集団で生活するコウモリは、夏から秋にかけて行動が盛んな状況になり、繁殖能力も高まります。冬の寒い時期は集団で身を寄せ合って越冬するのです。行動が盛んな夏の時期は、日中は屋根裏に身を潜め、日没と同時にユスリカなどのエサを捕食しに飛び立ちます。

集団で屋根裏に排せつ物を残してしまうため、早めにこうもり駆除を行った方が良いでしょう。こうもりの排せつ物には、人間に害になる病原菌を含んでいますので、舞い散った排せつ物を吸い込んでしまうことは、感染症などに掛かる可能性が高くなります。こうもり駆除は、屋根裏などの高所での作業になるため、素人は危険な場合があります。専門のこうもり駆除業者に依頼するのが最適と言えます。

こうもり駆除業者は、お住いの市区町村窓口などに相談すれば情報提供してもらうことができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です