ねずみ, 生活/暮らし, 駆除

こうもり駆除の方法には何がある

夕暮れの空に飛びかう黒い影に、スズメとは違う鳥の形を見た事がある方もいると思います。しかし、飛び方や形が少し違う場合は、こうもりの可能性があります。日本に生息するこうもりは、屋根の軒天井や戸袋などに棲みつくアブラコウモリです。通称イエコウモリと呼ばれていてとても体が小さいのが特徴です。

体長は4~6cmで体重が5~10g程度なのでスズメより小さい体です。家に棲みつけば色々な影響があるので、早めのこうもり駆除が必要です。体が小さい為2cmの隙間があれば簡単に屋根裏にも侵入してきます。夜行性なので夕暮れ時から飛び始め、蛾などの虫を餌にしてまた戻ってきます。

人間にとって嫌な虫を食するので益獣ですが、家に棲みつくと良い気分ではありません。棲みつくと動物なので当然フンをします。強いアンモニア臭が発し衛生面でも良くありません。早めにこうもり駆除を行いたいですが保護動物に指定されているので、捕獲処分すれば法律違反になります。

よって、駆除と言っても追い出し再度寄り付くのを防止するしか方法がありません。屋根裏に棲みついているなら、侵入経路を特定して入口を確認するのが大切です。その上で、こうもりの嫌う煙(蚊取り線香など)を用いて追い払う事ができます。磁石を使用するのも有効です。

こうもりは目が悪く超音波を発し自分の位置を把握するので、出入り口部分に磁石を置く事で分からなくする事ができます。一番良いのは塞げば良いのですが困難な場合は有効です。個人で対処するのが難しい場合は、専門知識をもった業者にこうもり駆除を依頼するのがお勧めです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です