イノシシ, 対策, 生活/暮らし

迷惑なカラス駆除の方法

近年は、全国的にカラスの数が増えその被害も拡大しています。各自治体もカラス被害に対する対策やカラス駆除を行っていますが、頭の良い動物で一時的な効力しかありません。カラスにとっては家庭や飲食店から出される栄養豊富な餌は、ゴミ袋を荒らせば簡単に食べる事ができます。都会では天敵となる大型の鳥も少なく棲みつくには最高の環境です。

カラスの被害は、ゴミを散らかす以外にも糞尿をあちらこちらに撒き散らす事や鳴き声が騒音となり、体調を崩す方も居ます。時には威嚇されたり攻撃されたり人身に安全に与える被害まであります。数が増えて被害が拡大する前に早めのカラス駆除が必要となります。困った存在ですが、注意したいのは簡単にカラス駆除と言っても鳥獣保護法の対象である事を忘れてはいけません。

日本に棲む野生動物は、卵を含み法律で保護され勝手に捕獲や殺す事は違法です。しかし、有害鳥獣と認められた場合は除きます。駆除をしたい場合は、自治体の許可が必要でマニュアルを作成し配布している地域もあります。駆除には、猟銃やトラップハウスなどの罠を設置する事を行います。

繁殖期の4月からは巣や卵そして雛の撤去があります。個人でカラス駆除は、中々難しいのが現状です。撃退グッズは色々あり光や音など不規則な物には反応するので効果があります。カラスの嫌いな黄色い物を置く方法もあります。

追い払ってもまた寄ってきて被害があるようなら、専門業者に依頼して駆除してもらうのが一番良い方法です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です