イノシシ, 対策, 生活/暮らし

カラス駆除には知恵比べ

カラス駆除はカラスとの根比べと知恵比べです。カラスは非常に頭の良い鳥とされています。一部事情により人間の飼育下に置かれる個体の中には言葉を覚えるものもいるようです。さらに、スズメについで警戒心が強く、捕獲しようとしても捕まらず、追い払ってもまた来る習性があります。

それを逆手にとってカラス駆除する方法があります。人間の側にいるカラスは主に大型でくちばしが大きく、歩くのがあまり好きではなく、ゴミを良く漁りにくるハシブトガラスと、それよりは小型でくちばしが細く、よちよちと休耕地や河原などを歩き回っているハシボソガラスがいます。どちらも雑食ですので生息域がかぶることがあります。ゴミを荒らされるのは困りものですので、ネットで保護する、鉄製の箱を収集場所とする、カラスが起き始める前にゴミを収集してしまうなどの対策が効果的です。

畑の農作物を荒らされるのも非常に腹立たしいものです。カラス駆除にはテグスと塩ビパイプが効果的です。畑をぐるりと塩ビパイプを立てて柵を作ります。安価ですし、リサイクル品でも良いでしょう。

滑りやすいので縦にとまることができません。その上を1メートルの格子状にテグスを張ります。これはカラスが羽を広げた大きさです。これで、作物を荒らされずに済みます。

警戒心が強いため、いつもと違うもの、見知らぬもの、または人の視線などがあると寄ってこない傾向があります。しかし、頭も良いため、同じものをずっと利用していると慣れてしまいます。周期的にものを変えるとその場所を諦めて他へ移ることもあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です