イノシシ, 生活/暮らし, 駆除

カラス駆除の方法とは

生ごみをあさったり、大きな鳴き声を発したり、時には人間に攻撃するなど、カラスの被害に悩まされている人は多いものです。そもそもカラスが一定の場所にやってくる理由としては、食べ物を探すため、食べ物を隠すため、巣作りのためなどの理由が挙げられます。つまりこれらの原因を取り除くことで、から素早ってこなくなるといえるでしょう。カラス駆除を行うにあたり、まずは法律があることも知っておく必要があります。

カラスを含む日本の野生動物は、法律によって勝手に駆除したり捕獲をすると、法律違反になります。しかし例外があり有害鳥獣と認められた場合には、駆除しても問題にはなりません。カラス駆除を行う場合には、まずは地域の自治体に相談をするとよいでしょう。適切なカラス駆除方法としては、猟銃を使ったり罠を設置すること、繁殖期となる4月から6月ごろの間は、巣や卵、ひなを撤去することが挙げられます。

撃退グッズも様々なものが販売されているでしょう。カラスは臆病なので、普段と違うものが置いてあるというような環境の変化があるだけで、その場所には近寄らなくなります。しかしそれが自分に危険がないとわかると、すぐに元の状態に戻ってしまいます。自分たちではどうしようもない場合には、カラスや害鳥駆除を専門に行っている業者を利用する方法もよいでしょう。

超音波を使ってカラスを寄せ付けない装置を設置したり、仕掛けを作ったり、巣や卵の撤去も行ってもらえます。これらの費用には1万円ほどでできるものから、10万円を超えるものまで様々なものがあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です